アーカイブの概要

読み: あーかいぶ 英語名: archive

アーカイブとは、記録や資料を保管するという意味で使われる広い意味を持つ言葉。一般的には3つの意味で使われている。

1つめはパソコンなどで作成された複数のファイルをデータを圧縮しながら、1つのファイルにまとめることを指す。また、その際に利用されるソフトウェアをアーカイバー(archiver)と呼ぶ。

2つめは、写真や映像、文書など、アナログ形式の過去の資産をデジタル化して保管し、閲覧可能にすること、もしくはそのサービスを指す。テレビ局などが過去に放送した番組をインターネットで提供するサービスなどが代表的。

3つめは、Webページなど、元々、デジタルで作成されたデータを過去の履歴として保管することを指す。

2014年03月05日 更新


最近見た用語