サンプリング周波数

サンプリング周波数の概要

読み: さんぷりんぐしゅうはすう

サンプリング周波数とは、音声などのアナログ信号をデジタル信号に変換する際、それが1秒間に何回行われているかを表す数値。単位には「Hz(ヘルツ)」が用いられる。

音声ファイルに用いられることが多く、音楽CDでは44.1kHz、衛星放送やDVDの音声には48kHzのサンプリング周波数が使用されている。サンプリングレートとも呼ばれる。

2014年03月05日 更新


最近見た用語