AVCHD Liteの概要

読み: えいぶいしーえいちでぃーらいと

AVCHD Liteとは、HD映像の記録再生規格のこと。ソニーとパナソニックが策定した「AVCHD」のサブセットで、720p(1280×720ピクセル)のハイビジョン画質で撮影が可能なビデオカメラ、デジタルカメラ、携帯電話などに限定されている。発表は2009年1月。
映像コーデックにはMPEG-4 AVC/H.264を、音声はドルビーデジタル(AC-3)を使用する。AVCHD対応のプレーヤーとは互換性があり、AVCHD Lite形式で記録されたファイルを再生できる。この方式に対応した世界初のカメラは規格を策定したパナソニックが商品化しており、すでに登場している。
一方で、AVCHD Liteに対応した携帯電話は、2010年4月時点では発売されていない。

2014年08月26日 更新


関連用語

最近見た用語