RoBoHoNの概要

読み: ろぼほん 英語名: RoBoHoN

RoBoHoNとは、2016年にシャープが開発したモバイル型ロボット電話のこと。ロボットクリエイター高橋智隆氏と共同で開発し、髙橋氏のロボット技術とシャープの携帯電話技術を融合した携帯情報通信端末である。
RoBoHoNは高さが約19.5cm、重さが約390gと、二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては非常に小型で、衣類のポケットやカバンに入れて持ち運びが可能。モバイル通信に対応し、音声通話、メールやWeb閲覧などのデータ通信、カメラ撮影など、携帯電話の基本機能を搭載している。それに加え小型のプロジェクターを搭載し、撮った写真や動画、地図などを壁や机などに投影することもできる。
背中部分にタッチ対応ディスプレイを搭載しているので、タッチ操作が可能だが、RoBoHoNの各種機能は基本的に音声による対話で行う。「○○さんに電話して」「メールして」「写真見せて」「今日の天気は?」などと話しかけると、RoBoHoNが対応してくれる。
RoBoHoNAndroid OSをベースしているが、一般のスマートフォンを対象にしたAndroidアプリはインストールできず、RoBoHoN専用のアプリを利用する。

2017年03月29日 更新

最近見た用語