キーピッチの概要

読み: きーぴっち 英語名: key pitch

キーピッチとは、パソコンなどのキーボードにおける個々のキーの幅を指す。キーの中心から隣のキーの中心までの距離で表し、この距離によってキーの操作感に差が生じる。
パソコンにおいては、一般的にノートパソコンよりもデスクトップパソコン用のキーボードのほうがキーピッチが広い。携帯電話においては、ほとんどの機種のテンキーキーピッチは12~14mm程度で、さほど操作感に影響はしない。むしろ、キーの凸感や押し感を重視する傾向がある。
ただし、QWERTY配列のキーボードを搭載する携帯電話スマートフォンではキーピッチに差があり、実際に触れた上で指をスムーズに動かせるかどうかを確認してから購入を決める必要がある。

2014年10月10日 更新


関連用語

最近見た用語