クロック周波数

クロック周波数の概要

読み: くろっくしゅうはすう

クロック周波数とは、回路が処理のテンポを合わせるために用いる信号である「クロック」を、1秒間に何回発生するかを表す数値のこと。単位はHzで、1秒間に1000クロックあれば1kHzとなり、1000分の1秒間の速さでクロックが発生したことになる。

クロック周波数の数値が大きいほど処理性能が高いとされる。

2014年03月05日 更新

最近見た用語