ストレージの概要

読み: すとれーじ 英語名: storage

ストレージとは、デジタルデータを保存する装置のことで、磁気ディスク装置やSSD(Solid State Drive)などのことを指す。磁気ディスク装置はハードディスクのことで、SSDは「シリコンドライブ」「フラッシュメモリー」などと呼ばれることもある。また、スマートフォンROMストレージと表現されることがある。インターネット上ので記憶領域を貸し出す、オンラインストレージと呼ばれるサービスもある。
ハードディスクは容量の面で優れているが、SSDは物理的な可動部がないため、動作音がなく省電力。ハードディスクよりも振動や衝撃に強く、モバイル機器に適している。ただし、SSDは容量当たりのコストがハードディスクより高くなっている。
データの加工をする際はハードディスクに保存してあるデータをメインメモリーに呼びだして、CPUからのアクセスをうけることで加工される。CPUから直接ハードディスクにアクセスすることはできない。メインメモリーはRAMという記憶装置で、電源がないと内容を維持できない。その点ハードディスクなどのストレージでは電源を切った状態でも記憶を維持できるようになっている。

2017年05月11日 更新


最近見た用語