タッチパネル

タッチパネルの概要

読み: たっちぱねる 英語名: touch panel

タッチパネルとは、指や専用のペンで画面上の表示に触れることによって操作する入力装置。

画像情報をディスプレイに表示するとともに、触れられた位置を感知してコンピューターに送信する。操作者は画面を直接押したり滑らせたりすることで入力でき、操作が直観的に分かりやすいのが特徴である。画面への接触の感知にはさまざまな方式があるが、圧力を感知する抵抗膜方式(感圧式)と、指先とパネルの間の微弱な放電を感知する静電容量方式が主流である。

金融機関のATM、自動券売機、携帯電話PDA、オーディオプレーヤー、携帯ゲーム機、コピー機、カーナビなど、多方面で使用されている。

2014年03月05日 更新


最近見た用語