デジタルの概要

読み: でじたる 英語名: digital

デジタルとは、物事の状態が離散的な数値によって表されること。数値を量子化して整数値とし、中間値を持たない。それに対してアナログは連続的な変化により伝えられる情報で、中間値を持つ。例えばアナログ時計では、針が1分と2分の間を指す中間値があるが、デジタル時計では1分の次は2分であり、中間値が存在しない。

デジタルデータはアナログデータに比べて劣化しにくいという特長を持つ。アナログデータは伝送する過程などでノイズが入ってしまうと、取り除くことが困難だが、デジタルデータを伝送する際にノイズが入っても、誤差の範囲であれば無視されるため、影響を受けないことから劣化しにくい。ただしノイズが誤差の範囲にとどまらないほど大きなものの場合は影響を受ける。

近年ではデジタルデータを扱い、やり取りするパソコン、インターネットが普及し、多くの情報がデジタル化してやり取りされるようになっている。これに伴い、家電製品もデジタル化が進んでおり、ネットワークと接続することで、遠隔地からの制御が可能になるなどのメリットがある。

2014年03月05日 更新


最近見た用語