RS-232Cの概要

読み: あーるえすにぃさんにしー

RS-232Cとは、アナログ回線用モデムなどの通信機器をパソコンに接続したり、パソコン同士を接続したデータ転送に利用されていたシリアル通信方式のインターフェースの一種。RS-232C(Recommended Standard 232C)は一般的な呼称であり、正式な規格化や改良が加えられた最新規格の名称は「ANSI/TIA/EIA-232-F」となる。単にシリアルポートと呼ばれることもある。
EthernetやUSBなど、通信や周辺機器接続用の他のインターフェースが普及したことによって、現在ではほとんど使われなくなってきているが、組込機器や業務用サーバーを操作するためのコンソールなどの用途で利用されることがある。
仕様としては25ピン端子を利用するが、パソコン側は9ピンの端子が一般的に採用されている。また、規格上は最大ケーブル長15m、最高速度20kbpsとなっているが、実際にはそれ以上の通信速度でも利用されるなど、正式な規格と実際の製品仕様に隔たりがあるのも特徴となる。

2014年08月26日 更新


関連用語

最近見た用語