SDメモリーカード

SDメモリーカードの概要

読み: えすでぃーめもりーかーど

SDメモリーカードとは、パソコン、PDAデジタルカメラ、音楽プレーヤー、テレビなど、さまざまな機器に利用される着脱可能な記憶媒体のこと。
サイズは32×24×2.1mmで、記憶容量は最大2GBとなっている。1999年に発表されたパナソニック、サンディスク、東芝による共同開発の規格となっており、広く普及している。SDカードはフラッシュメモリーという方式を採用しており、電源を切ってもデータ内容が消えない不揮発性の半導体メモリーとなっている。
書き込み、消去が自由にできるが、再生可能回数に限度があり、同じ記憶媒体であるハードディスクと比べて寿命が早く訪れる。SDカードと同様にフラッシュメモリーを採用したコンパクトな記憶媒体として、メモリースティック、コンパクトフラッシュなどの規格があり、標準規格を争う形になっているが、携帯電話をはじめSD系カードを採用する機器が多く、メモリーカードデファクトスタンダードといえる。
SDカードよりも小さいminiSDカードや、さらに小さいmicroSDカードも開発されており、携帯電話や、スマートフォンなどのより小さい機器に利用されている。さらに、SDカードと同じ大きさで容量を増やしたSDHCSDXCという規格が策定され、製品化されている。
規格としては、SDHCメモリーカードは4GB~32GB、SDXCメモリーカードは64GB~2TBの容量があるが、2016年3月現在で発表されているSDXCメモリーカード製品の最大容量は512GB。
なお、SDHC/SDXCメモリーカードは、SD Speed ClassやUHS(Ultra High Speed)という最低保証の転送速度が設定されている。

2016年03月31日 更新


最近見た用語