SSDの概要

読み: えすえすでぃー 英語名: Solid State Drive

SSDとは、Solid State Driveの略で、フラッシュメモリーによる、データの記憶媒体のこと。パソコンの記憶媒体として最も一般的なHDDが磁気ディスクによるものであるのに対し、SSD半導体を利用した記憶媒体となっている。

SSDは、ヘッドが磁気ディスクを読み込む方式であるHDDに比べ、データを読み込むスピードが高速になるほか、多少の衝撃では故障しない、モーターが必要ないために消費電力が少なく、駆動音がしないなどのメリットがある。

フラッシュメモリーは磁気ディスクよりも高額であるため、SSDの記憶容量はHDDの記憶容量よりも低く抑えられている。パソコンによってはSSDHDDの両方を兼ね備えたものがある。小型であることから、ノートパソコンで採用される傾向にある。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語