タッチポイント

タッチポイントの概要

読み: たっちぽいんと 英語名: touchpoint

タッチポイントとは、何かと何かの接点のこと。狭義では、マーケティング用語、広告用語で企業やブランドと消費者の接点を意味する。
情報通信の分野では、顧客とコンテンツの接点という意味でこの用語が使われることがあり、ポータルサイトなどはその典型例。ソーシャルネットワークのような口コミが主流のメディアも、タッチポイントの1つである。このように、従来型の広告や宣伝に捉われないタッチポイントが多数現れており、その活用がブランディングや企業活動を行う上で重要だとされる。また、端末販売や回線契約という側面を見ると、家電量販店やキャリアブランドを冠したショップも、企業と顧客の接点と言える。

2014年03月07日 更新

最近見た用語