情報料回収代行サービス

情報料回収代行サービスの概要

読み: じょうほうりょうかいしゅうだいこうさーびす

情報料回収代行サービスとは、通信事業者が情報提供事業者に代わってユーザーから情報料を徴収し、情報提供事業者に支払うサービスのこと。情報提供事業者が、電話などの通信事業者を通じてユーザーに情報提供をしようとする場合に情報料回収サービスが実施される。
携帯電話では、モバイルサイトの情報コンテンツを提供している情報提供事業者に代わって、携帯電話事業者が料金を課金する。auEZweb、NTTドコモのiモードなどで、公式サイトとして登録されている情報提供事業者のWebサイトは適用される。モバイルサイトの情報コンテンツは、サイト利用料として月額で数百円課金されるもののほか、着信音、壁紙、着うたフルなどWebサイト内のコンテンツごとに課金される場合もある。
他にも固定電話では、東西NTTが提供していたダイヤルQ2が情報料回収代行サービスに該当するが、現在はサービスを終了している。

2014年10月21日 更新


最近見た用語