直収電話の概要

読み: ちょくしゅうでんわ

直収電話とは、通信事業者がNTT東日本やNTT西日本の回線を介さずに提供している固定電話サービスのこと。NTTの回線を介さないために、通常であれば必要になる電話加入権(施設設置負担金)が不要。通信事業者がNTTのラインをドライカッパー方式で借りており、交換機は通信事業者が用意したものを使うため、NTTへの基本料金を支払わずに済むなど、基本料金や通話料を下げることができる。支払いや契約を全てひとつの通信事業者にまとめられるところも特徴。
IP電話とも異なっており、直収電話では03など市外局番からはじまる電話番号となり、110や119などの緊急電話、フリーダイヤルなどにもかけられるなど、機能的にはマイラインの固定電話と同様となっている。
KDDIでは光ファイバーを使ったIP直収電話サービスとして、auひかり電話サービス、ケーブルプラス電話などを提供している。

2014年10月21日 更新


最近見た用語