自律分散制御

自律分散制御の概要

読み: じりつぶんさんせいぎょ

自律分散制御とは、外部からの制御を受けずに分散した個々が自律的に動作すること。無線通信では無線基地局の設立方式として自律分散方式がある。

無線通信の自律分散方式はPHSで採用されている。無線基地局と端末との通信方法で、周波数の制御方式で端末から通信要求があった場合に、PHSに割り当てられた全体の周波数から空いている周波数を自動的に選んで利用する。自律分散制御では詳細なセル設計を必要としておらず、無線基地局の増設もしやすくなる。

無線通信の自律分散制御に対するのが集中制御で、携帯電話が採用している方式。集中制御方式では、セル設計を必要としており、周波数は基地局ごとに特定の帯域が割り当てられている。端末から接続の要求があった場合、基地局が割り当てられている周波数から端末に割り当てることになる。

2014年03月05日 更新


関連用語

最近見た用語