3.9Gの概要

読み: さんてんきゅうじー

3.9Gとは、第3世代の通信方式を発展させた規格の総称である3.5Gを、さらに高速化した通信方式の総称。W-CDMAを発展させた無線通信技術であるLTE(Long Term Evolution)のほか、TD-LTEと互換性のあるAXGP(Advanced eXtended Global Platform)や、モバイルWiMAX3.9Gにあたる。
なお、2010年12月にITU(国際電気通信連合)が3.5G以上の通信方式を4Gと呼称することを認めたため、通信事業者のサービス名では4Gと称されることが多い。

2014年10月21日 更新


最近見た用語