ADSLの概要

読み: えーでぃーえすえる 英語名: Asymmetric Digital Subscriber Line

ADSLとは、Asymmetric Digital Subscriber Line (非対称デジタル加入者回線) の略。電話の音声伝送には利用しない高い周波数帯を使ってデータ通信を行う。一般の電話に使われている、1対の電話線を使って通信する。Asymmetric (非対称) が示すように上り下りの速度に違いがある。また局からの距離によりネットワーク品質、速度の減衰が発生する (局から6~7kmが限界といわれている)。

2014年06月20日 更新


最近見た用語