IEEE802.11acの概要

読み: あいとりぷるいーはにまるにてんいちいちえーしー 英語名: IEEE802.11ac

IEEE802.11acとは、2014年1月に米国電気電子学会IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineering)によって正式策定された、高速Wi-Fi規格。
使用する周波数帯は5GHz帯で、使用帯域幅は2013年3月の電波法改正によって日本でも利用可能になった80MHzまたは160MHzとなっている。この帯域幅の拡大と変調方式の効率化、マルチアンテナ技術MIMOの拡張などによって、Wi-Fi伝送速度が理論値で最大約6.9Gbpsと、従来の規格に比べて大幅な高速化を実現。
ただし、これはMIMOを最大まで拡張した場合の数字で、2015年3月現在で販売されているWi-Fiルーター製品の最大速度は約1.3Gbpsとなっている。さらに、スマートフォンタブレットを接続する場合は、これらデバイス側に搭載されたアンテナの問題で速度は最大433Mbpsとなる。

2015年06月21日 更新


関連用語

最近見た用語