ヘルツの概要

読み: へるつ 英語名: hertz

ヘルツとは、振動数の単位。Hzと表記されることが多い。1ヘルツとは、1秒間に1回振動することをいい、10ヘルツとは1秒間に10回振動することをいう。電磁波の存在を発見し、マクスウェルの電磁波理論を証明したドイツの物理学者である、ハインリヒ・ルドルフ・ヘルツの名にちなんでつけられた。

ヘルツは、さまざまな振動数の単位に使われている。例えば、電波や音波、電磁波などの大きさを表す際にヘルツを用いる。これらの振動数は一般的に周波数といわれ、比較的周波数が大きいものは高周波と言われる。音波の高周波は、超音波ともいわれることがある。

ヘルツの値が大きくなるものには、SI接頭辞が適用される。例えば、1ヘルツの1000倍は1キロヘルツであり、100万倍は1メガヘルツと表記される。

2014年03月05日 更新


最近見た用語