国内通信市場とKDDI

モバイル

2016年3月末の日本の携帯電話累計契約数は、前期末比4.3%増の1億5,648万契約 (注1) となりました。

フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行や、一人のユーザーが複数のデバイスを利用する「マルチデバイス化」が進むことで、モバイル市場は引き続き拡大を続けています。

また、ネットワーク・端末の進化による快適なモバイル利用環境の整備に伴い、モバイルコンテンツおよびモバイルコマース市場の規模も拡大している中で、通信事業者は新たな収益源として、通信以外のサービスへ事業領域を拡大しつつあります。

一方、日本のモバイル市場における環境変化としては、電波の割り当てを受けた通信事業者 (MNO) からネットワークを調達してモバイルサービスを提供するMVNO (注2) の新規参入が活発化しています。2016年3月末のMVNOサービス契約数は、前期末比32.5%増の1,269万契約 (注1) となり、モバイル通信市場に占めるシェアは7.8%まで拡大しています。総務省が2014年10月に発表した「モバイル創生プラン」の中で掲げられている「2016年中約1,500万契約」の目標に向けて、今後も拡大が見込まれます。

  • 注1)
    出典: 総務省 電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成27年度第4四半期 (3月末))
  • 注2)
    仮想移動体通信事業者 (Mobile Virtual Network Operator)

モバイルコンテンツおよびモバイルコマース市場規模の推移

MVNOの契約数・市場シェアの推移 (注1)(注3)

固定ブロードバンド

全国総世帯数に占めるFTTH世帯カバー率は9割超、CATVのホームパス (注4) も7割超に達しており、日本の高速ブロードバンド利用環境はほぼ整備されています。

2016年3月末の固定ブロードバンドサービス契約数は、前期末比2.8%増の3,781万契約 (注1) となりました。

固定ブロードバンドサービスの普及率がすでに約7割に達している状況ではあるものの、2015年3月から開始したNTT東西の光アクセス回線卸売を利用する新規事業者参入や、モバイル各社による固定とモバイルのセット割引サービス販売が進む中で、市場は緩やかに拡大を続けています。

FTTH普及状況

CATV普及状況

固定ブロードバンド普及状況の推移 (注1)
  • 注4)
    ケーブルテレビの施設設置許可地域内で、伝送路の施設が完了しているエリア内の世帯数
  • 注5)
    出典: 総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数 (平成27年1月1日現在)
  • 注6)
    出典: インフォメーションNTT東日本2015: 経営全般: 電気通信設備状況: アクセス網の光化。2016年3月末の東日本電信電話株式会社 (NTT東日本) のFTTH世帯カバー率は95%、西日本電信電話株式会社 (NTT西日本) は93% (推定)
  • 注7)
    放送ジャーナル 2015年12月号 (2015年9月末現在)

モバイルトラフィックの増加

スマートフォンやタブレット端末の普及、端末の性能向上、通信技術の進化に伴い、日本のモバイルトラフィック量は急増しており、月間平均トラフィックは直近1年で約1.4倍に増加しています。

特に、モバイル利用の最繁時の平均トラフィックは、月間平均に対し約1.5倍の水準となっており、モバイル通信各社にとって、増加するモバイルトラフィックを効率的に収容し、設備投資を抑制しつつ、ネットワークを安定的に稼動させることが重要な課題となっています。

国内のモバイル月間総トラフィックの推移

国内のモバイル通信事業者への周波数の割り当て状況

  • 注8)
    ソフトバンクモバイル+ワイヤレスシティプランニング
  • 注9)
    現在、40MHz分はWiMAX 2+ (TD-LTE) で利用、10MHz分はWiMAXで利用
  • 注10)
    TD-LTE
  • 注11)
    東名阪のみ

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る