環境マネジメント

内部環境監査

KDDIグループは、ISO14001要求事項である内部環境監査を実施しており、客観性や独立性を確保するために、サステナビリティ推進室が中心となり、各総支社から監査員を選任しています。2020年度は、16部門、35拠点のKDDIおよびグループ会社のオフィスを対象としました。2019年度の内部環境監査結果を踏まえ、①環境目標への会社としての課題の反映②環境法規制遵守③EMSの運用に重点を置き、チェックシートによるセルフチェックと監査員による対面監査を実施しました。指摘事項は0件、改善・提案事項は8件でした。

KDDIグループのISO14001認証取得状況

KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、株式会社KDDI総合研究所、株式会社KDDIテクノロジー、KDDIエンジニアリング株式会社、日本通信エンジニアリングサービス株式会社、公益財団法人KDDI財団、テレハウス・ヨーロッパ(英国)、中部テレコミュニケーション株式会社、KDDIまとめてオフィス株式会社、KDDIまとめてオフィス東日本株式会社、KDDIまとめてオフィス中部株式会社、KDDIまとめてオフィス関西株式会社、KDDIまとめてオフィス西日本株式会社、国際ケーブル・シップ株式会社
合計:15企業・団体で取得(2021年3月末現在)

環境法規制の遵守

各種環境管理法規制の遵守

KDDIは、事業活動が環境に与える被害を未然に回避または低減するため、環境法規制はもとより、各自治体の条例や地域との協定などの遵守も徹底しています。KDDIでは、2020年度、環境法令に対する違反はありませんでした。また、有害物質の漏えい・流出などの環境汚染事故件数はゼロでした。

関連する法規制

  • 「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)
  • 「容器包装に係る分別収集および再商品化の促進に関する法律」(容器包装リサイクル法)
  • 「廃棄物の処理および清掃に関する法律」(廃棄物処理法)
  • 「フロン類の使用の合理化および管理の適正化に関する法律」(フロン排出抑制法)
  • 「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適切な処理の推進に関する特別措置法」(PCB処理特別措置法)

PCB含有機器の適切な処理

KDDIは、PCBの適正な管理と事故防止を図ることを目的として定めた「PCB管理規程」に則り、過去に使用したPCB含有機器の廃棄処理を推進しています。残存する高濃度PCB含有機器および低濃度PCB含有機器の廃棄処理を引き続き進めています。

PCB含有機器の廃棄処理状況と今後の計画(2021年7月時点)

単位:t
  2020年度処理量 未処理残量 処理予定時期
高濃度PCB含有機器 0 0.253 2021年12月末までに処理
低濃度PCB含有機器 2.243 11.0 2022年9月末までに処理

お取引先さまとの協働

KDDIは、基地局のさらなる軽量化・省電力化を進めています。5G通信は4Gとの比較でより多くの通信量(トラフィック)を処理するため、従来のシステムでは消費電力が大幅に増加します。そのため、基地局設備納入業者との協働により、重量および消費電力量の少ない設備を開発しています。最新の4G、5G基地局は、従来型の3G、4G基地局と比較し、重量で約40%、消費電力量で約19%の削減を実現し、導入を進めています。
今後も、お取引先さまと共に環境負荷低減への取り組みを行っていきます。

従業員への教育と浸透

環境活動活性化のためには、従業員の環境に対する意識の向上、理解の促進が必要と考え、全従業員を対象に環境教育を行っています。

取り組み 対象 内容・実績
期初説明会 KDDIグループ
環境ISO担当者
テーマ:KDDIの環境マネジメントシステム(EMS)、環境関連法規制、新規改定内容
参加者:社内10部門中9部門(90%)16人の担当者
グループ会社11社中8社(対象会社の73%)19人の担当者
内部監査員養成 勉強会を実施し2名養成
eラーニング 全従業員 テーマ:「KDDI Sustainable Actionを理解し、行動しよう!」
受講者:11,801名(対象者の98.0%)

エコICTマークの取得

KDDIは、「ICT分野におけるエコロジーガイドライン協議会」が定めるエコICTマークを取得し、環境配慮および環境負荷低減に努めています。

  1. ICT機器およびデータセンターを調達する際に参照すべき省エネ指標の制定などを目的とした協議会

グリーン調達の推進

KDDIは、環境配慮製品の購入を推進するため「KDDIグリーン調達ガイドライン」を策定し、省エネルギー性能に優れた事業用設備(通信機器、空調、電源設備)を調達しています。本ガイドラインでは「ICT分野におけるエコロジーガイドライン協議会」が規定する最新の「ICT分野におけるエコロジーガイドライン」に定められている機器を対象とし、調達活動を推進しています。
また、お取引先さまに対しては「KDDI持続可能な責任ある調達ガイドライン」を展開し、「CSR調達アンケート」を通じて、お取引先さまの環境管理への対応状況なども確認しています。

グリーン購入法への対応

KDDIは政府が定める、グリーン購入法の基準にのっとった製品を揃えています。

電気通信事業者等の省エネルギー化によるCO2排出削減の取り組み自己評価チェックリスト

  評価項目 実施の有無・取り組みの内容
環境自主行動計画の作成等 1 CO2排出削減を目的とした各種取り組みを記載した環境自主行動計画を策定・運用しているか 「KDDI環境憲章」に基づき環境保全計画を策定、運用している
2 環境自主行動計画に、CO2排出削減を目的とした各種数値目標を記載した具体的な取り組みを盛り込んでいるか 第4期環境保全計画(KDDI GREEN PLAN 2030)で、数値目標を設定し、取り組みを推進している
3 環境自主行動計画を社内外に公表するとともに、従業員への周知・啓発活動を行い、環境意識向上に努めているか
  • 環境保全計画はサステナビリティレポートや企業ホームページにて社内外に公表している
  • 社員への啓発はeラーニングや社内講演会などを随時実施している
4 環境自主行動計画に記載した各種取り組みの実施状況・達成状況を一般に公開しているか サステナビリティレポートや企業ホームページにて、環境保全計画達成に向けたトレンド目標の達成状況を公開している
調達に関する取り組み 5 ICT機器、データセンターについて、省エネを勘案した調達基準を作成し、それに沿った調達を行っているか 「KDDIグリーン調達ガイドライン」に沿った調達を行っている
6 オフィスで利用する事務機器、物品、物流について、グリーン購入など省エネに配慮した調達を行っているか 「KDDI 持続可能な責任ある調達方針」にのっとり、グリーン購入を推進している
推進体制 7 CO2排出削減の取り組みについて、担当部署もしくは担当者を設けているか 社内組織にサステナビリティ推進室を設置している
8 環境自主行動計画に掲げた目標等の実施状況・達成状況について、適切に把握するとともに内部監査等を行う体制をとっているか 環境ISOのマネジメントシステムにて、実施状況・達成状況の把握、内部監査によるチェック・改善を行っている
その他の環境対策の取り組み 9 省エネの取り組み以外に環境に配慮した取り組みを行っているか 3R推進も重要な課題とし、以下について積極的に取り組んでいる
  • 通信設備のリサイクル推進、再資源化率向上
  • 使用済み携帯電話リサイクル推進、再資源化率向上
  • Green by ICTによる紙資源の削減(WEB de 請求書、KDDIペーパーレスFAXサービス、au携帯電話の取扱説明書スリム化や個装箱小型化など)
  • オフィス廃棄物の削減、再資源化率向上
    また、スコープ3やLCAの取り組みを通じたサプライチェーンへの対応や生物多様性への対応などにも取り組んでいる
10 地域社会と連携した環境保全の活動を行っているか 従業員や自治体・NPOなど地域のステークホルダーと共に全国で環境保全活動を実施している
環境