2020年3月期第1四半期決算説明会 (決算ハイライト・質疑応答)

日時 2019年8月1日 (木) 17:00-18:00
場所 ガーデンエアタワー会議室
登壇者 内田副社長、東海林専務、村本専務、森専務、森田常務、雨宮常務、最勝寺経営管理本部長、堀井IR室長 (司会)

決算ハイライト

決算説明会の模様

決算説明会では、「1Q業績ハイライト」、「新中期経営計画始動」の2点について、専務の村本より説明しました。

1. 1Q業績ハイライト

2020年3月期第1四半期の連結売上高は、前年同期比で2.0%増加し、1兆2,461億円となりました。連結営業利益は、ライフデザイン領域やビジネスセグメントの堅調な増益はありましたが、下期の新規事業者参入や、22年3月末の3G停波に備え3Gユーザーの4Gへの移行推進を中心にリテンションを強化したため販売コストが増加、加えて前期のミャンマー事業の会計期間変更や3G設備の加速償却、一部端末の評価減等の一時的な要因もあり、前年同期比11.4%の減益の2,558億円となりました。
その一方で、モバイルID数は分離プランの浸透やライフデザインサービスとのバンドル効果もあり着実に増加し、総合ARPA収入もau通信ARPA、付加価値ARPAの堅調な伸びにより通信・非通信分野ともに着実に成長を続けております。

2. 新中期経営計画始動

当社は本年5月に刷新したKDDIのブランドスローガン「Tomorrow, Together」、auの「おもしろいほうの未来へ。」に沿って事業運営しております。

5G時代はインフラや基盤の整備はパートナーと一緒に作っていく一方、サービスや料金はしっかりと競争していくという「競争と協調」の時代が訪れます。当社は5Gを活用して新しい体験価値を生み出すオープンイノベーションを進めるにあたり、新たなプラットフォームや地方創生に繋がる次世代のサービス開発にしっかりと取り組んでまいります。

5G時代に向けた基盤整備について、当社は来年春に5GをNSA (Non-Standalone) で展開を予定していますが、長年かけて磨き上げたピカピカの4Gに、スペシャルな5Gを組み合わせて、ハイブリッドネットワークとして展開していきます。加えて、より早期に5Gを立ち上げるため、2019年7月にソフトバンク様と地方における5Gネットワークの早期整備を共同で推進することに合意いたしました。このような取り組みを通じて早期に強靭な5Gのネットワークの構築を進めてまいります。

5G時代を彩るオープンイノベーションについて、当社はパートナーとのコラボレーションの場として、2018年9月にKDDI DIGITAL GATEを開設いたしました。一例として、JAL INNOVATION Lab様との5G、IoTを活用した次世代サービスの研究開発・実証実験を進めております。また本年秋には大阪と沖縄にも拡大し、新規事業の創出を強力にサポートしてまいります。

スマートドローンの領域ではLGU+様と国際的なドローン市場の発展に向け業務提携を行い、MaaSの領域ではNAVITIME様と連携することで、交通事業者や自治体と共に、交通のデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。このように我々は特化型のプラットフォームを用意し、そのプラットフォームの上で様々なパートナーと協調し、新しいビジネスを作り上げていきます。

地方創生の分野では本年5月に地方創生ファンドをスタートしたほか、63の地方自治体と協定の締結を行いました。当社はSDGsの達成に向け、事業を通じて解決する社会課題の一つとして、地方創生及び教育事業に積極的に取り組んでまいります。

一方でauの分野では、個人のお客さまにスマートフォンを起点にau PAYやau Wowma! などの決済・コマース、金融を通じ「ワクワク」する体験を提案していきます。そして、通信を核として、ライフデザイン事業の規模を拡大していく「通信とライフデザインの融合」を推進してまいります。

決済の分野では開始わずか4カ月目でau PAYの登録者数が400万人を突破いたしました。楽天様との提携もあり、スマホ決済の利用可能箇所も100万箇所を突破しております。コマースの分野では本年7月にWowma! をau Wowma! に名称変更いたしました。さらにライブコマースサービスの提供開始や、auスマートパスプレミアム会員の送料を無料にするなど、スマホを中心に、よりお客さまに身近に感じて頂けるコマースサービスを目指してまいります。

金融の分野では本年6月にカブドットコム証券のTOBを、7月にはau損害保険の子会社化を完了いたしました。この結果、auフィナンシャルホールディングスの輪の中に全ての金融商品をワンストップで提供する準備が整いました。今後もスマートマネー構想を軸とし、発行枚数2,000万枚を超えるau WALLETと、生活の中心となったスマートフォンを通じて、お客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にしていきます。

SDGs関連評価について、当社は世界の代表的な社会的責任投資の指標である「FTSE4GOOD Index Series」と「MSCI ESG Leaders Indexes」の構成銘柄に3年連続で選定されました。加えてS&Pが選定するカーボン エフィシエント指数にも2年連続で選定されるなど、さまざまな機関から高い評価を獲得しております。
当社は引き続きKDDI SDGsの取り組みを通じ、社会と共に持続的な成長を目指してまいります。

質問者1

質問者2

質問者3

質問者4

質問者5

質問者6

このページを印刷する
文字サイズの変更

KDDI IRの最新情報を配信します。

IRメールマガジン新規登録

新規ウィンドウが開きますメールマガジンに登録する

メールマガジン詳細はこちら


KDDI IR公式Twitter

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る