セグメント別活動報告

ライフデザインセグメント (旧バリューセグメント) 売上高 5,217億円 営業利益 1,040億円 EBITDA 1,276億円

個人向けのコマース・金融・決済・エンターテインメントサービスなどの提供

個人のお客さまを対象に、オンライン・オフラインの両領域において、通信以外の付加価値サービスを提供しています。「auスマートパス/auスマートパスプレミアム」をはじめとする会員制のデジタルコンテンツサービスの魅力化や、「Wowma!」などのコマース事業、保険などの金融事業の強化を通じて「au経済圏の最大化」を進めるとともに、収益拡大を図っています。

主要な取り組み

auスマートパスプレミアムの拡充

「auスマートパス」の上位サービスである「auスマートパスプレミアム」は、多くのお客さまにご好評をいただき、2018年3月末には430万会員となりました。曜日毎に映画・カラオケの割引、フライドポテトなどのプレゼントがある「auエブリデイ」や「三太郎の日」における会員限定特典の提供、端末破損時の「データ復旧サポート」やWi-Fi接続時の通信を保護する「Wi-Fiセキュリティ」など、お客さま体験価値向上に取り組むとともに、引き続き付加価値ARPAの拡大を目指します。

NEW auスマートパスプレミアム ¥499/月 月額情報料

  • 表記の金額は税抜。各サービス・機能のご利用に際しては、各種条件があります。また別途ご利用料金が発生する機能があります。詳細は、au HPにてご確認ください

金融・決済事業の拡大

また、決済事業では、「au WALLETカード」の発行枚数が順調に増加し、2018年3月末には「au WALLET クレジットカード」の有効発行枚数が340万枚、「au WALLET プリペイドカード」の有効発行枚数が1,970万枚となり、2018年3月期のau WALLET決済流通額は1兆円を突破しました。
さらに、2017年11月には「Amazonプライム」や「Prime Student」の会費の支払方法に「auかんたん決済」を導入するなど、流通総額の拡大に向けた取り組みを進めています。
こうした取り組みにより、2018年3月期のau経済圏流通総額は、前期比約1.5倍の1兆8,900億円に拡大しました。

事業を通じた社会課題の解決

KDDI Open Innovation Fund

「KDDI Open Innovation Fund」は、KDDIとグローバル・ブレイン株式会社により、国内外の有望なスタートアップ企業に出資を行うコーポレート・ベンチャーファンドです。KDDIの持つ多くの企業との幅広いネットワーク、マーケティングスキル、「auスマートパス」をはじめとする各種サービスとの連携により、投資先企業の成長を強力に支援しています。
また、米国サンフランシスコと韓国ソウルに専属の人員を配置し、最新の技術や斬新なビジネスモデルを持つスタートアップ企業に対して出資検討を行っています。出資した企業が日本へ進出検討を行う際には、ビジネス開発、マーケティング、ローカライズなどの幅広い支援を行っています。

このページを印刷する
文字サイズの変更

KDDI IRの最新情報を配信します。

IRメールマガジン新規登録

新規ウィンドウが開きますメールマガジンに登録する

メールマガジン詳細はこちら


KDDI IR公式Twitter

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る