2017年3月期決算説明会 (決算ハイライト・質疑応答)

日時 2017年5月11日 (木) 17:00-18:00
場所 ガーデンエアタワー20階会議室
登壇者 田中社長、両角副社長、髙橋副社長、石川副社長、内田専務、東海林常務、村本常務、本田経営管理本部長、堀井IR室長 (司会)

決算ハイライト

決算説明会の模様

決算説明会では、「2017年3月期の業績」と「中期目標の達成に向けて」、そして「2018年3月期業績予想」の3点について、社長の田中より説明致しました。

1. 2017年3月期の業績

連結売上高は、前期比で6.3%増加し、4兆7,483億円となりました。また、連結営業利益は、国内事業が増益を牽引し、9,130億円 (同 9.7%増) となりました。
また、1株当たり配当金は、期初見通しに対して5円増配し、同21.4%増の85円 (15期連続増配) を予定しています。

2. 中期目標の達成に向けて

2019年3月期を最終年度とした中期計画 (連結営業利益 年平均成長率 7%・配当性向35%超など) の達成に向け、当社は、「国内通信事業の持続的成長」「au経済圏の最大化」「グローバル事業の積極展開」の3つの戦略を軸として、国内通信事業の持続的成長と新たな成長軸の確立を目指します。

[1]「国内通信事業の持続的成長」に向けて:
auブランドで展開する長期利用者優遇サービス「au STAR」においては、ご契約年数とデータ定額料に応じて毎月WALLETポイントをお客さまに還元すると同時に、WALLETポイントで交換可能な商品を充実し、WALLETポイントの魅力度を向上させることで、お客さま体験価値向上を図ります。
また、2016年9月から「スーパーデジラ」として開始した20GB/30GBの大容量データプランと併せて、映像コンテンツをはじめとした付加価値サービスを拡充し、ご提供することで、総合ARPAの拡大を目指します。
さらに、拡大する格安スマートフォン市場において、KDDIグループのMVNO事業者それぞれの強みを生かし、グループ全体でのモバイルID数最大化を目指します。

[2]「au経済圏の最大化」に向けて:
当社は、非通信事業領域の事業拡大に向けて、新たな事業ノウハウやお客さま基盤の獲得を目的として、さまざまな提携・出資を進めてきました。
コマース事業では、2016年12月にDeNA社よりショッピングモール事業を取得し、本年1月に、新たなショッピングモール「Wowma!」を立ち上げました。出店店舗数・商品ラインアップ数拡充のための出店者向けキャンペーンを展開するなど、サービスの質的向上に向けた施策を強化しています。
金融サービスについても、2008年に「じぶん銀行」(ネットバンキング) を設立して以降、2014年には決済サービス「au WALLET」、さらに2016年4月からは、auブランドの金融商品取扱いを開始するなど、サービスラインアップを充実させています。
エネルギーサービスでは、2016年4月に「auでんき」を開始したほか、2017年4月には、関西地域において、新たにガスサービスの取り扱いを開始しました。
また、当社は、お客さまとのタッチポイントである「auスマートパス」を積極展開してきましたが、本年1月より、会員特典を強化し、安心機能を追加した「auスマートパスプレミアム」の提供を開始し、お客さまとのタッチポイントをさらに強化しました。

さらに、コンシューマ向けビジネスに加え、企業向けIoTビジネスの展開も進めています。
そのひとつの事例として、各種センサーを活用し、トイレの空室管理・節水管理を行うことで、企業のお客さまのコスト削減に貢献するソリューションサービスなどを提供しています。

[3]「グローバル事業の積極展開」に向けて:
グローバルコンシューマ事業としては、ミャンマー・モンゴルにおいて、LTEサービスを本格展開しています。また企業向けには、世界最大規模の接続数を誇る欧州のデータセンターを中心に高品質なサービスを提供しており、ひきつづき、アジア新興国モバイル事業と、データセンター事業を推進していきます。

3. 2018年3月期の業績予想

2018年3月期は、連結売上高4兆9,500億円 (前期比4.2%増)、連結営業利益9,500億円 (同4.1%増) を見込むほか、1株当たり配当金90円 (配当性向39.2%、前期比5円の増配) を予定するなど、2019年3月期を最終年度とした中期目標の達成に向けて、ひきつづき、持続的な利益成長と株主還元の強化の両立を目指してまいります。
なお、同日開催の取締役会において、1,000億円を上限とする自己株式取得に係る事項について決議しています。

質問者1

質問者2

質問者3

質問者4

質問者5

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る