2021年3月期第3四半期決算説明会 (決算ハイライト・質疑応答)

日時 2021年1月29日 (金) 17:30-18:30
場所 KDDIホール (東京都千代田区大手町)
登壇者 村本副社長、東海林副社長、森専務、吉村技術統括本部長、最勝寺経営管理本部長、本郷IR室長 (司会)

決算ハイライト

決算説明会の模様

決算説明会では、「1-3Q業績ハイライト」、「パーソナルセグメント」、「成長領域における取り組み」、「非財務における取り組み」の4点について、副社長の村本より説明しました。

1. 1-3Q業績ハイライト

3Q累計の連結売上高は、3兆9,238億円、前年同期比で0.5%プラスとなりました。営業利益は8,710億円、前年同期比で3.2%プラスとなり、売上高、営業利益ともに伸長しております。
増益の要因について、エネルギー事業を除くライフデザイン領域とビジネスセグメントの成長領域がプラス400億円と増益に大きく貢献いたしました。エネルギー事業は3Q累計で110億円のプラスとなりましたが、昨年12月からの卸電力市場価格の高騰の影響を一部受けております。1月も影響を受けておりますが、連結業績としては十分吸収可能であり、期初予想をしっかりと達成してまいります。
また、マイナス要因としては、モバイルの通信料収入減及び5Gの推進やスマホ決済の推進を含む戦略コスト増などがありました。成長領域が業績を牽引しております。
成長領域の進捗は、ライフデザイン領域売上高は3Q累計で9,400億円、進捗率は72.9%、ビジネスセグメント売上高は3Q累計で7,220億円、進捗率は76.0%となっております。今期の期初目標および中期経営計画目標に対して順調な進捗となっております。

2. パーソナルセグメント

au総合ARPA収入は3Q累計で1兆7,215億円、進捗率は75.5%、10月から統合したUQ mobileとMVNO収入は3Q累計で702億円、進捗率は78.0%となっております。ともに期初目標に対して順調な進捗となっております。
1月13日に「全てのお客さまに5Gを」ということで新料金プランを発表いたしました。複雑な割引条件を無くし、家族でもお一人からでも多様なニーズに寄り添ったシンプルで低廉な料金を目指しました。
「au」ではデータ無制限、サポート、家族割引などフルサービスの価値を提供する「安心の使い放題」です。また、auの新たなオンライン専用ブランドの「povo」は、20GB 2,480円でご提供し、追加のサービスをお選びいただくことでお客さまの利用スタイルに応じて自由にカスタマイズできます。
「UQ mobile」では、店頭サポート、繰り越しなどおひとりでも小中容量が低廉な料金で利用できます。今後もお客さま視点に立ち、ワクワクする「みんなの5G」をお届けできるよう、引き続き努力を続けてまいります。
「povo」ではシンプルな基本料金をベースとし、必要な機能はお客さまの好みでサービスを「トッピング」することが出来ます。例として、通話は5分以内通話かけ放題を月500円で、24時間データ使い放題は200円で追加してご利用頂けます。今後トッピングのサービスを順次追加していきます。ムダなものはいらない、ほしいサービスを付けたり外したり「トッピング」することが出来る、そのような新しい体験をお届けします。
今後、モメンタムの強化に向けて、3つの料金・ブランドの特長を訴求し、5G利用を積極推進してまいります。「au」では安心の使い放題、セットプランによる5Gの推進、「povo」ではトッピングの差別化による新規契約の増と新たな体験価値の提供による高いNPSの実現、「UQ mobile」では、くりこしプランの魅力化による新規契約増およびデータ利用の増を目指します。UQ mobileやpovoの契約者比率増加によって、今後MIX通信ARPUは減少傾向となり得ますが、新規契約の増およびデータ利用の増を目指し、さらに各ブランドでのライフデザインサービス提案強化により、持続的成長を目指します。

5Gについては、昨年12月に全都道府県で5Gの提供を開始しました。2021年3月には約1万局、今年の春には山手線と大阪環状線の全駅周辺の鉄道路線エリアにも拡大予定です。2022年3月には約5万局に拡大し、人口カバー率も90%を予定しています。
既存周波数の活用では、3.5GHz帯で12月からサービスを開始しております。また、700MHz帯は今年の春に開始予定です。既存周波数を活用し、途切れない5Gのネットワーク構築を目指し、エリア拡大を加速してまいります。
5Gの端末販売は昨年12月に120万台を突破いたしました。昨年10月に発売された新iPhoneの販売も好調です。期初目標達成に向けて販売を推進します。サービス面では、au 5Gエクスペリエンスにより、使い放題プランのご利用状況と5Gエリア内であることを判別し、自動的に動画が高画質になります。加えてNetflixやAmazonを始めとしたさまざまなパートナーさまとの提携により、使い放題とのセットプランを提供しております。
セットプランの新料金については3月にあらためて発表します。

3. 成長領域における取り組み

はじめにビジネスセグメントです。ビジネスセグメントのKPIであるIoT累計回線数は、今期目標1,500万回線の予定に対し、12月で1,600万回線を突破いたしました。期初予想を上回って前倒しで達成しております。
IoT累計回線数の成長について、コネクティッドカーでは、トヨタ様とのパートナーシップによりグローバル通信プラットフォームを展開しており、中国、北米、欧州、豪州へと拡大しております。マツダ様やスバル様ともパートナーシップを推進しており、新型車種にも続々採用されております。
また、スマートメーターは電力だけでなく、ガスや水道にも拡がっております。東洋計器様とは2年間でパートナーシップが更に進展しており、エコモット社とは感染症対策にも取り組んでおり、さまざまなサービスを共同開発しております。
ビジネスセグメントの事業領域の拡大については、昨年12月に「交通」と「通信」の融合による共同事業化に向けて、JR東日本様と基本合意いたしました。コアシティとなる品川開発プロジェクトの共同推進に加え、分散拠点としてのサテライトシティやモビリティサービスの開発を検討します。さらに国内外のパートナーとともに新たなビジネスを創造し、KDDI Accelerate 5.0を推進してまいります。5GやIoTビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」、DX支援を行う法人部門拠点、新たに「KDDIリサーチアトリエ」が加わり3拠点が「虎ノ門トライアングル」として連携し、オープンイノベーションの場として機能してまいります。
続いてライフデザイン領域です。KPIの金融・決済取扱高は前年同期比で1.4倍の6.5兆円と大きく成長し、au PAYカード (クレジットカード) は610万枚と、こちらも順調に成長しております。
お客さまとの接点として重要な「スマホ決済」では、ポイント・決済加盟店数が昨年12月で355万箇所を突破し、前期比で約2倍と利用可能箇所が急拡大しております。au PAYとPontaの連携も推進しており、昨年12月にはデジタルPontaカードにau PAYを搭載いたしました。これによってお客さまはau PAYアプリを開くことなく決済が可能となり、お客さまの利便性も向上しております。また今月からはローソンアプリにもau PAYが搭載され、よりお客さまに使いやすいサービスの向上を図ってまいります。
スマホ決済で強化したお客さま接点を、その先の「金融サービス」の利用に繋げる取り組みでは、au携帯とセットで住宅ローンの金利を引き下げる国内初のサービス「住宅ローンauモバイル優遇割」を3月1日から開始いたします。またau PAYゴールドカードの特典を強化し、auの通信サービスとau関連サービスご利用でPontaポイントがますますたまりやすくなりました。auカブコム証券ではPontaポイントで投資信託の買付ができるポイント投資を昨年9月から開始いたしました。今後もau PAYの利用者を伸ばし、さらに各種金融サービスの魅力化により、利用拡大につなげてまいります。

4. 非財務における取り組み

人財ファースト企業への変革に取り組んでおり、昨年7月に、時間や場所にとらわれず成果を出す働き方の実現に向けて、新しい人事制度を導入いたしました。「KDDI新働き方宣言」、「KDDI版ジョブ型人事制度」、「社内DX」を三位一体で進めております。
昨年12月には本社オフィスの座席を在籍社員数に対して4割削減し、オフィススペースの最適化を図っていきます。さらにゼロトラストコンセプトに基づくPCを全社員に配備するなど、テレワークと出社のハイブリッド型のワークプレイスの実現を目指します。
地方創生では、KDDIが目指す地方創生プロジェクト「Te to Te (てとて)」において、人財育成、DXの推進、ファンドの活用など地域とのパートナーシップにより、サステナブルなビジネスモデルの構築を目指しております。3Qでは日本各地の地方自治体や教育機関、団体、企業等と連携し、特に5Gを活用した地域活性化、文化・芸術創出プロジェクトにも取り組んでおります。

質問者1

  • Q通信料金の値下げ影響について、方向性をお伝えいただきたい。MIX通信ARPUは下がるというお話を伺ったが、加入者増により減収を賄うことができるのか。また、コストダウンが必要である場合、どのような分野で大きなコストダウンが可能なのか。
    A
    当然ながら、通信料金の値下げをするので一定の減収影響が出てくると思っている。現在来期の計画を社内で検討しており、その影響がどのように出てくるかを見ているところ。ただ最初で申し上げたいのが、KDDIは持続的成長にこだわっており、今後も持続的成長を目指すという点。競争力のある3つのブランドでIDを拡大し、さらに成長領域であるライフデザイン領域、ビジネスセグメントがしっかり成長することで、持続的成長をしていきたい。またコスト削減 (効率化) はかねてより中計で1,000億円レベルで徹底的に行うと言っている。これが来期業績に寄与すると思っているが、さらに一歩踏み込んでいければと思っている。例えば説明会でもお話したオフィスの集約によるコスト削減もある。また販売チャネルも大きく変わっていくので、営業コストの見直しも踏み込んでやっていきたい。
    また、auとUQ mobileについては、ラインナップを整理し直してシンプルにしたつもり。UQ mobileについては特色のある料金であり、15GB、25GBと容量を増やしなおかつ料金も下げた。またデータ容量の繰り越しができるという特色も武器になると思っている。さらに、今回povoという新しいオンラインブランドを作った。極めてシンプルで、20GBで2,480円。これからいろいろとアイデアを出してお客さまに本当に喜んでいただけるような商品に仕立てていきたい。auについては、4Gで約1,000円,5Gで約2,000円料金を下げた。大容量のデータ使い放題は、「家族割プラス」に3人以上で加入し、「auスマートバリュー」と「au PAY カード お支払い割」と適用した場合、4,480円という水準になり、きわめてご加入いただきやすい料金となっている。お客さまのセグメントに合わせて、これらのブランドの獲得力を強化し、なおかつ上の料金プランにアップセルしていただける活動を一生懸命行う。MIX通信ARPUは単純に進めていくと下がってしまうため、ID拡大と少しでもアップセルすることで、持続的成長していきたいと思っている。
  • Q成長領域をさらに伸ばしていきたいということをよく聞くようになった。この2カ月くらいで取り組み方の変化はあったのか。分野によっては環境が変わったものもあると思う。新しい変化の兆しや方向性の変換のようなものを、法人・金融決済・電力といった大きな分野に分けてご説明いただきたい。
    A
    ライフデザイン領域については、プレゼンテーションにもあったが特に金融事業・エネルギー事業など順調に伸びている。今回私たちはau、povo、UQ mobileの新しい料金プランを作ったが、ライフデザインサービスを通信と組み合わせることで今までもうまくやってきた。au PAYカードの会員数、決済・金融取扱高ともに伸びている。決済・金融取扱高の中身については決済も増えているが、auじぶん銀行の住宅ローン融資実行累計額は1兆円を超えており、住宅ローンの調子もよい。これは通信の商品とライフデザインの商品が極めて有機的に機能している結果。さらにauだけでなくUQ mobileのお客様もライフデザイン商品を使っていただいくことで便利にご利用いただけると思っており、まだまだ拡大余地はある。営業側も含めてライフデザイン商材をもっと伸ばしていく意気込みがあるので、期待していただければと思っている。
    ビジネスセグメントについては、例えばIoTについてはコロナの影響もあり上期は日本だけでなく世界中で少しペースが落ちた。ただし2Qの途中からは計画通りお客さまを増やしている。またコネクティッドカーについては対地について、欧州・豪州へと拡大しており、さらに自動車メーカーのパートナー様も増えている。リモートワークや働き方改革に関する点も、当初はモバイルの影響がプラスに働いていたのみであったが、その後オフィスや外など働く場所を組み合わせることがでてきた結果、モバイルだけでなく固定の通信も今までよりも使いやすいものにしていくというニーズが増えて来ており、これからも成長が期待できると思っている。

質問者2

質問者3

質問者4

質問者5

このページを印刷する
文字サイズの変更

KDDI IRの最新情報を配信します。

IRメールマガジン新規登録

新規ウィンドウが開きますメールマガジンに登録する

メールマガジン詳細はこちら


KDDI IR公式Twitter

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る